1. サイバーノット マーケのひろば
  2. >
  3. SEO対策
  4. >
  5. 【2021年最新版】SE...

INDEX

SEO対策におけるキーワード出現率とは?

ページのコンテンツに対してキーワードが入っている割合

SEO対策におけるキーワード出現率とは、ページのコンテンツ内の総単語数に対して指定の単語(キーワード)が入っている割合の事です。ページ内でキーワードの使用頻度が増えれば自然とキーワード出現率も増加します。

SEO対策に効果的なキーワード出現率はどのくらい?

SEO キーワード 出現率

Googleの評価との関係は?

以前まではSEO対策で、Googleなどの検索エンジンからのページ評価においてキーワード出現率は重要な項目として認識されていました。その理由として、当時は検索エンジンの精度が不十分で、キーワードの使用回数が評価基準となっていたためです。

そのため当時はSEO対策としてキーワード出現率を高くするため、とにかく頻繁にページ内にキーワードを散りばめることで検索結果で上位表示される事が出来てしまい、それを狙った施策を行うSEOサイトが多く存在しました。

現在はGoogleの精度の向上によってキーワード出現率を無理に上げなくても、ページ内に一定数含まれていれば質の高いページとして認識され評価されるようになりました。そのため今はSEO対策で無理にキーワードを使用する必要はなくなっています。

POINT

キーワード出現率はコンテンツ作りの指標として役立つ!

上述の通りキーワード出現率が高いからといってページ評価が高くなるわけではありません。しかしページの問題点を見つける際やユーザーファーストのコンテンツ作りを意識した際に非常に役立つ指標となっています。

SEO対策に最適なキーワード出現率は?

【大前提】ユーザーニーズに答えるコンテンツである事が重要!

SEO対策として上位表示を狙いたい場合、キーワードの出現率よりもユーザーニーズに答えているコンテンツである事がなにより重要です。そのためキーワード出現率を意識しすぎるよりも、コンテンツの中で自然な頻度で使用するという意識で問題ないでしょう。

SEO対策でキーワード出現率を意識しすぎて内容の薄いコンテンツになってしまったり、過度のキーワード使用をし過ぎてしまうと検索順位が下落してしまったりサイト自体の評価が下がってしまう等SEO効果が下がる事が起こり得るため注意が必要です。

キーワードによって最適なキーワード出現率は違う

SEOコンテンツ作りにおいて最適なキーワード出現率は、コンテンツの内容や上位表示させたいキーワードによって変わってきます。そのため自分の作るコンテンツやキーワード毎に対策や戦略を考えるのが重要となります。

具体的なキーワード出現率の目標設定の方法ですが、実際にSEO対策として結果の出ている(検索結果上位に表示されている)サイトのキーワード出現率を基準とするのがよいと思われます。

Googleでは常に「ユーザーファースト」をコンセプトに日々にアルゴリズムが改善されています。そのためSEO対策として正解とされる目標値などは無く、その時に上位表示されているサイトが正解であると考えてよいでしょう。

SEO対策におけるキーワード出現率の調整方法

SEO キーワード 出現率

競合のキーワード出現率を確認する

先ほども述べたように、SEO対策で上位表示を狙いたいキーワードにおいて検索結果上位に表示されているページが「検索エンジンに評価されているページ」であるため、上位表示されている競合のキーワード出現率を確認して自分のページと比較してみましょう。

キーワード出現率の確認方法

現在SEO対策で使えるキーワード出現率をチェックするためのツールが数多く公開されています。ここでは実際に競合サイトの調査やコンテンツ作りの指標として使う際のおすすめのツールを3つ程紹介します。

FunkeyRating

FunkeyRatingは指定したURLの中でのキーワード出現率を調査する事ができるツールです。 同時に3キーワードまでチェックする事ができ、メインキーワードだけでなくサブキーワードの出現頻度を調査する事が可能です

また公開前の記事に対しても調査をする事が可能なので、コンテンツ作成の際のキーワード出現率に悩んだ際やページ公開前のチェックの際にはこちらのツールの使用をおすすめします。

ohotuku.jp

ototuku.jpではキーワード指定をしなくてもページ内で上位のキーワードの出現率の一覧表示ができます。また指定キーワードや目標値を入力し、SEO対策をしたいキーワードが目標値に対して現在どのくらいなのかを比較する事も可能です。

高屋のSEO診断チェックツール

高屋のSEO診断チェックツールはototuku.jpと同様にページ内で上位に使用されているキーワードの出現率を確認する事が出来ます。1度に30キーワードまで表示されるため、競合調査やコンテンツ作成における目安を測る際におすすめです。

SEO対策におけるキーワード配置で気をつけるべき4つのポイント

SEO キーワード 出現率

①タイトルに使用する

タイトルにキーワードを使用する事はSEO対策としても非常に有効です。Googleがユーザーニーズに答えた内容である事を判断する要素にもなり、記事の内容が一目でわかるタイトルにする事でCTRの上昇などの影響も見込まれます。

POINT

タイトルの前半にキーワードを盛り込もう

デバイスによってタイトルの表示文字数は違うため、どのデバイスで閲覧するユーザーに対しても一目で伝わる内容にするためになるべくタイトルの前半にキーワードを入れるようにするといいでしょう。

②見出しタグに使用する

見出しタグにキーワードを使用する事もSEO対策として効果が見込まれます。しかしキーワードを入れ込む事を意識しすぎてタイトルや記事コンセプトと合致しない内容になってしまっては元も子もないため、あくまで自然に無理なく使うのがよいでしょう。

③ページ全体で使用する

タイトルや見出しタグに使う事でSEO効果があると述べましたがそれだけでは不十分で、ページ全体でユーザーに伝えたい軸がズレないようにキーワードを使う事も非常に重要です。SEO効果だけでなく良質なコンテンツを作る上でも意識すべき点と言えます。

これはユーザーニーズに答えるコンテンツを作っていたら自然と使用される回数は増えていく場合が多いですが、ある程度どのくらいの頻度で使用しているかを把握していると他のSEO施策や、コンテンツの充実度や課題を発見する際に役立ちます。

④詰め込みすぎに注意

キーワードを使用する際にもっとも注意すべき点がこのキーワード乱用・詰め込みすぎとなってしまう事です。無理にキーワードを盛り込みすぎる事でユーザーファーストなコンテンツからもズレてしまい、Googleからのペナルティを受けるなどページだけでなくサイト全体に悪影響を及ぼす場合があります。

「キーワードの乱用」とは、Google の検索結果でのサイトのランキングを操作する目的で、ウェブページにキーワードや数字を詰め込むことです。このようなキーワードは多くの場合、リストやグループの中に、または他の部分から切り離されて独立して(自然な文章としてではなく)出現します。ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります。 引用元 : キーワードの乱用

上記のようにキーワード乱用はGoogleのガイドライン違反となってしまうため、検索結果順位の下落やサイト評価の低下、最悪の場合はインデックスからの削除などが起こり得るため注意しましょう。

Googleのアルゴリズムは日々改善され続けていますが「ユーザーファースト」であるという基本を理解し、Googleに評価される施策を考える事がSEO対策の一番の近道と考えられます。

適切なキーワード出現率でSEO効果を上げよう

現在のSEO対策ではキーワード出現率は大きな効果を持つものではありませんが、メディア分析やコンテンツ作成の指標として重要な数値である事は間違いありません。多すぎず少なすぎない最適なキーワード出現率で上位表示を狙っていきましょう!

まとめ

  • SEO対策に最適なキーワード出現率は競合サイトを基準に決めよう
  • 無理な詰め込み過ぎ・キーワード乱用には注意!
  • あくまでもユーザーファーストなコンテンツ作りを第一に!